ホームページを作成するときに必要な言語

ホームページを作成するときにはいろいろな言語が使えますが、とことん!ホームページでは、以下の言語を覚えることを推奨します。

HTML( HyperText Markup Language )

基本は、当然 HTML です。これだけ覚えれば、ホームページを作ることが出来ます。

スタイルシート( CSS )

HTML と分離して、ホームページのレイアウトやデザインを指定できます。HTML4.01では、 CSS を使うことを推奨しています。HTMLもすっきり書け SEO 対策にもなりますので、覚えることをお勧めします。

ジャバスクリプト( JavaScript )

JavaScript は、ホームページに「動き」や「対話性」を持たすことができます。具体的には、マウスの操作に反応したメッセージ表示などです。CSS の次に覚えたい言語です。
JavaScript は、スクリプト(簡易プログラム)言語ですので、プログラムを組んだことのない方には、難しいかもしれません。ブラウザによって使えない機能があったり挙動が異なったりすることありますので、注意してください。Java 言語とは名前が似ていて紛らわしいですが、まったく違う言語です。

PHP( PHP : Hypertext Preprocessor )

PHP は、ホームページのために作られたスクリプト言語です。HTML に処理内容を記述したスクリプトを埋め込み、処理結果に応じて動的に文書がつくれます。PHP を覚えれば大体のことは出来るようになります。
XMLのサポートや各種データベースとの連携に優れています。スクリプトを実行した結果がブラウザに渡されますので、PHPで書いたスクリプト情報は管理者しか見ることが出来ません。

ホームページを作成するときに必要なソフトウェア

ホームページは、テキストエディタだけあれば作成することができます。上記、全ての言語は、テキストエディタで作成します。できれば、ホームページの言語に対応したテキストエディタが望ましいです。以下のような条件を参考にしてください。
但し、実際にホームページを作るうえでは、デバッグが必要になります。テキストエディタの他にも、開発環境をそろえた方が良いでしょう。テキストエディタは、開発用ツールで紹介しています。

  1. html や css ・ JavaScript ・ php 等のコマンドに対応している。
    ( コマンドやコメント部分の色を変えて表示してくれる)
  2. さまざまなキャラクタコードに対応している。特に utf-8 の BOM 無しに対応している。
  3. 動作(起動・終了・エディタ)が軽く、サクサク動く。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > HP作成基礎 > 言語とソフト