レンタルサーバー heteml(ヘテムル)の設定

レンタルサーバー heteml(ヘテムル)の設定方法や、確認した内容です。

初期ディレクトリ

apps と web という2つのディレクトリがあります。 ホームページのファイルは、web ディレクトリに入れます。apps ディレクトリは、Flash Media Server 2 アプリケーション用で変更や削除はしてはいけません。

.htaccess で設定できること

heteml の .htaccess で設定できることをまとめました。残念ながら、heteml では、php_value 及び php_flag の設定が行えず、インクルードパスはスクリプト内で設定しなくてはなりません。

php5

heteml の初期設定は、php4 になっています。php5を使用する場合、次のように記述します。

AddHandler php5-script .php

拡張子が .html でも PHP5 を動作

拡張子が .html でも PHP を動作させたい場合、次のように記述します。

AddHandler php5-script .html

PHP を拡張子なしで利用

PHP を拡張子なしで利用したい場合は、次の通りです。これで、PHP5 でも利用できます。

Options +MultiViews
AddType text/html .php

mod_rewrite

heteml で mod_rewrite を使うには、Options FollowSymLinks の記載が必要になります。

Options FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule ・・・・・

確認内容

heteml のパスや、最初からインストールされている PEAR などの確認をしました。

パス

heteml のドキュメントルートは、
 /home/sites/heteml/users・・・・・/
です。users・・・・・ の部分は、ユーザーによって設定されます。web ディレクトリは
 /home/sites/heteml/users・・・・・/web/
ということになります。ブラウザからは、web ディレクトリに入っているファイルしか表示できませんが、自分の作った PHP スクリプトは、ドキュメントルートにも置くことができます。
たとえば、web ディレクトリと同位地に own ディレクトリを作成したときのパスは、
 /home/sites/heteml/users・・・・・/own/
です。このパスをインクルードパスで指定するかファイルを /home からのフルパスで指定すれば、own に置かれた PHP スクリプトを利用できます。

  • apps
  • own
  • web

初期インクルードパスは、php5 を利用する場合
 /usr/local/php5/php/
となります。Smarty.class.php は、
 /usr/local/php5/php/Smarty/Smarty.class.php
というパスですので、require_once('Smarty/Smarty.class.php'); と呼ぶことができます。

PEAR

2008.1.10 現在、heteml には、つぎの PEAR がインストールされていました。Channel は、全て pear.php.net で、* 印は、heteml のヘルプには乗っていなかった PEAR です。 たとえば、MDB2 は、require_once('MDB2.php'); というように利用することができます。

heteml にインストールされている PEAR

PEAR 1.6.2 
Archive_Tar 1.3.2 (stable)
Auth 1.5.4 (stable)
Auth_HTTP 2.1.6 (stable)
Auth_PrefManager 1.2.0 (stable) 
Cache_Lite 1.7.2 (stable) 
Config 1.10.11 (stable)
Console_Getopt 1.2.3 (stable)
Date 1.4.7 (stable) 
DB 1.7.12 (stable) 
DB_DataObject 1.8.7 (stable)
HTML_AJAX 0.5.2 (beta) 
HTML_Common 1.2.4 (stable)
HTML_Menu 2.1.4 (stable)
HTML_QuickForm 3.2.9 (stable) 
* HTML_QuickForm_Controller 1.0.8 (stable)
HTML_Template_Sigma 1.1.6 (stable) 
HTML_TreeMenu 1.2.0 (stable)
HTTP 1.4.0 (stable) 
HTTP_Client 1.1.1 (stable) 
HTTP_Download 1.1.2 (stable) 
HTTP_Header 1.2.0 (stable) 
HTTP_Request 1.4.1 (stable) 
HTTP_Upload 0.9.1 (stable)
Log 1.9.11 (stable) 
Mail 1.1.14 (stable) 
Mail_Queue 1.1.3 (stable)
MDB 1.3.0 (stable) 
MDB2 2.4.1 (stable) 
MDB2_Driver_mysql 1.4.1 (stable)
MDB2_Driver_sqlite 1.4.1 (stable) 
MIME_Type 1.0.0 (stable)
Net_Socket 1.0.8 (stable) 
Net_URL 1.0.15 (stable) 
OLE 0.5 (beta) 
Pager 2.4.4 (stable) 
PEAR 1.6.2 (stable)
* PHP_Compat 1.5.0 (stable)
PHPUnit 1.3.2 (stable) 
Services_Amazon 0.7.0 (beta) 
* Services_Digg 0.2.1 (alpha) 
Services_Google 0.1.1 (alpha) 
Services_Technorati 0.7.1beta (beta) 
Services_Yahoo 0.2.0 (alpha) 
Services_YouTube 0.2.1 (alpha) 
Spreadsheet_Excel_Writer 0.5 (beta) 
* Structures_Graph 1.0.2 (stable) 
System_Command 1.0.6 (stable) 
Text_Password 1.1.0 (stable) 
XML_Parser 1.2.8 (stable)
XML_RPC 1.5.1 (stable) 
XML_RSS 0.9.2 (stable) 
XML_Serializer 0.18.0 (beta)
XML_Tree 1.1 (stable) 
XML_Util 1.1.4 (stable)

csv ファイルの注意

heteml で、fgetcsv() 関数を使うと、"" で囲われていない日本語は null になってしまいます。英数字は、"" で囲わなくともそのまま読み込みます。
csv ファイルで、日本語を使うときは注意しましょう。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > HP作成基礎 > Web サーバー > heteml