ブロックレベル要素とインラインレベル要素

大雑把に言えば大きいまとまりがブロックればる要素で、文字として扱われるのがインラインレベル要素です。

ブロックレベル要素

見出しや、段落などのまとまりを構成する要素です。一般的に前後に改行が入ります。body 要素内に使うことができます。

address, blockquote, center, dir, div, dl, fieldset, form, h1 ~ h6, hr, isindex, menu, noframe, ol, p, pre, table, ul

インラインレベル要素

文字と同じレベルで扱われます。一般的に前後に改行は入りません。

a, abbr, acronym, applet, b, basefont, bdo, big, br, button, cite, code, dfn, em, font, i, iframe, img, input, kbd, tablet, map, object, q, s, samp, select, small, span, strike, strong, sub, sup, textarea, tt, u, var

注意点

注意が必要なのは、他のどの要素を内容に含められるかのなどの決まりがあります。
インラインレベル要素の中には、ブロックレベル要素を入れることはできません。 (ブラウザは、対応していることが多いですが、明らかに HTML の書式違反になります。)

間違った記述

 <a href="http://・・・・"><p>インラインレベル要素の中にブロックレベル要素があります</p></a>

正しい記述

  <p><a href="http://・・・・">ブロックレベル要素の中にインラインレベル要素があります</a></p>

div 要素はブロックレベル要素で、span 要素はインラインレベル要素です。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > HTML > ブロックレベル要素