HTML と XHTML

現在使用されている HTML( Hyper Text Markup Language )のバージョンは、4.01 です。HTML は、Webページを表現するための言語だったため、文書やデータの作成には、不十分でした。そこで、基礎言語として要素とその関係を示した XML( Extensible Markup Language )が制定されました。この XML を使いやすいように HTML を再定義したのが XHTML( Extensible Hyper Text Markup Language )です。これらの仕様の協議決定は、W3C( World Wide Web Consortium )という非営利団体が行っています。
XHTML は、HTML に比べ文法が厳格化されています。したがって、ブラウザの安定動作やデータの高速化・情報の共有化などしやすくなっています。
最新の文法で Webページを作りたい方は、XHTML を採用すればよいと思います。ただし、アフィリエイトの広告( Webページ用コード )には、まだまだ XHTML に対応していないコードが多いです。とことん!ホームページでは、アフィリエイトを視野に入れている方には、 HTML をお勧めします。

HTML の文書宣言( Document Type Definition )

HTML は、DTD( Document Type Definition )で、定義されています。DTD にはバージョンがあります。大きく分けると、Web 標準に準拠した表示をする「標準モード」と古い時代のブラウザの表示と互換性を持たせた「互換モード」です。 したがって、バージョンを含めた文書宣言をし、その定義にあった文書を作成する必要があります。HTML4.01の書式には、次の3種類があります。

  1. HTML4.01 Script DTD
    もっとも厳密な仕様で、推奨しない要素や属性は使えません。フレームも使用できません。

    HTML4.01 Script DTD 標準モード(Mac版IE5は互換)宣言

     <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
                "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
  2. HTML4.01 Transitional DTD
    推奨しない要素が含まれます。フレームはインラインフレームのみ使用できます。廃止される要素や属性が含まれていますので注意が必要です。

    HTML4.01 Transitional DTD 標準モード宣言

     <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
                "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
  3. HTML4.01 Frameset DTD
    Transitional DTD に、フレームが加わっています。

    HTML4.01 Frameset DTD

     <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
                "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

HTML のバージョン指定

HTML の最初で宣言します。バージョンの宣言がない場合は、「互換モード」になります。
とことん!ホームページでは、「標準モード」で、推奨しない要素も使うことができる HTML4.01 Transitional DTD をお勧めします。(後半の URL "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd" を省略すると互換モードになりますので、注意してください。)新しいバージョンに準拠していないアフィリエイトのコードも使うことができ、自分で記述する部分は DTD に準拠することで、XHTML への移行も容易になります。

PR amazon

author

サイト管理人:パワーデジット
管理人への連絡フォーム

スポンサード リンク

このページは 

トップページ > HTML > 文書宣言 dtd